test0601

育てるたのしさを伝えたい 植物のスタイリスト〈PLANTED 三輪 善昭〉(前編)

人物百景、第13話は、

大倉山にある、植物と暮らしのお店「PLANTED」の代表、三輪 善昭さんにお話を伺ってきました。

名前:三輪 善昭
プロフィール:大倉山の店舗は元々ご実家で、
大曾根小学校、樽町中学校に通っていたという超地元っこ。
1972年生まれ、ほとんど毎日外で身体を動かして幼少期を過ごす。
なんとなく気になっていたという「お花屋さん」に就職したことから、植物世界に足を踏み入れ、2018年5月に「PLANTED」を開業。

酒井
まずは恒例の『関係ない質問』をどうぞ!

〈聞き手 = 酒井 / 撮影・記事 = myourenjar 〉

靴のサイズ26.5㎝
好きな映画ショーシャンクの空に
好きなポテチの味コンソメ
好きな洋服のブランド45R
息抜きする場所ベランダ
よく聞く曲アラバマ・シェイクス
人生最大の無駄使い覚えていない、無駄遣いだらけかも(笑)
自分へのご褒美ロカンダブルさん(大倉山の人気イタリアン)にいくこと
影響をうけたものビートルズ
17歳に戻れたら海外で働く!学校ではなく働きたい
100時間あったら何する溜まっている本を読む
1億円あったら何する山を買って、植物を育てて、見守りたい
好きな場所清里にある「萌木の村
生まれ変わったら何になりたい植栽を中心に街をつくりたいので、大富豪に生まれたい(笑)

外遊びに西部警察にひげダンス

酒井:「どんな幼少時代を過ごされていましたか?」

三輪:「毎日とにかく外で遊んでいました。というか、外でしか遊んでいないくらい毎日ドロまみれ。子供の頃は、流行っていたファミコンでスーパーマリオもやったりしてました。」

三輪さんはどの子でしょう!?(正解は左から2番め)

「駄菓子屋にあった50円のゲーム機とか、西部警察、ドリフ、ひげダンス、、、そのころはみんな夢中でやってたなー」

大曽根小は、常に家に集合

「中学に入ってからテニススクールに通って、結構本気でテニスをしていて、、、高校に行ってもテニスをするって決めていたくらい、ハマってました。

そのあと、ただただ、アメリカに行きたくて行って。アメリカ南部のルイジアナ州の州都バトンルージュの語学学校へ、そこから黒人しかいない大学へ4年目で日本に帰ってきたので未だ休学中という事になってます。(笑)」

アメリカは、どでかいなぁと思った瞬間

テニスコーチ → 不動産屋 → 花屋

三輪:「アメリカから帰ってきて、仕事どうしようかなと思っていたとき、友人に進められてテニスのコーチをやり始めたんです。

それで、しばらくコーチをやってから、サラリーマンやってみよう!と思って、不動産会社に勤めました。賃貸担当として、学生さんに物件をご紹介したりしてましたよ。」

酒井:「本当ですか!驚きました。」

三輪:「その後、不動産を辞めて、何しようかなーと思ってた時に、なんとなく興味があったのが、

ジャズバー
焼鳥屋さん
お花屋さん

の3つで(笑)

お花なんて、チューリップしか知らないくらいのレベルだったけど、なぜか頭に浮かんできて。友人からの紹介で、花屋さんで働くことになりました。」

花屋さんから根っこの世界へ

三輪:「勤めた花屋さんは、ちょっと特殊な花屋さんで。テレビ局の装飾用のお花とか、、、要するに美術さんのような仕事をしていましたね。

テレビ番組のセットを作って装飾したり、ガーベラ500本をいけたり、ブライダルも担当したり、ちょっと変わった花屋さんの経験をさせてもらいました。」

「その後、切り花とカフェを融合したお店をやったりしていたけれど、どうしても切り花の『スピード重視の世界』(枯れるまでの寿命が短い)に馴染めなくて、逃げるように『根っこの世界』にやってきました。」

「元々、インテリアや雑貨が好きで、毎日のように自由が丘の好きな園芸店に通っていたんです。そこの店舗が小田原に新店舗をOPENすることを知って、

31歳のときに植物担当のバイヤーとして、小田原店の立ち上げに携わることになりました。」

「そのお店は、ライフスタイルの礎を築くようなお店で、カフェを併設していたり、マクロビオティックを提供していたり。」

「その時代からしたら、少し先を行き過ぎていたのかもしれない、と思うくらいのお店でした。結局そこに16年間勤めて、8店舗程を立ち上げてきました。」

後編はこちらから

店名 PLANTED 植物とくらしの店
住所 〒222−003 神奈川県横浜市港北区大曽根1-11-12
WEB https://www.planted-site.com/