test0601

東横沿線 ぶらりまち歩き『taro sanpo』vol.1 ~妙蓮寺~

東横沿線の駅を、気ままにまち歩きする連載がスタート!一緒に散歩してくれるのは、白楽のギフトショップ『eimeku』の人気スタッフtaroさん。
記念すべき第一回目の『taro sanpo』は『妙蓮寺』 まち歩きにオススメのスポットをご紹介します。

菊名池弁財天

はじめに訪れたのは、菊名池プールの隣にひっそりと佇む『菊名池弁財天』。

taro「頭がぶつかっちゃいますね」

こちらは、横浜の七福神のひとつで、七福神中唯一人の女神が祀られています。

taroさんもしっかりと手を合わせておりました。

右手に剣左手に宝玉を持った、七福神を見に行ってはいかがでしょうか⁉

菊名池弁財天
住所:神奈川県横浜市港北区菊名1丁目7−13

池の畔商店街

昔ながらのアーケードが続く『池の畔商店街』。

taro「はじめて通りました」

小さな商店街ではありますが、
お店の人とのやりとりを楽しめるのが魅力。

taroさんの奥に見えている八百屋さんは、リーズナブルな野菜や果物が並び、
まちの人の生活を支えています。

お肉屋さん、カフェ、ハンドメイドのお店など、色々な個人店が多く並ぶ池の畔商店街。ゆっくり散歩するのにぴったり。

池の畔商店街
URL:http://myorenji-ikenohata.com/index.html

本屋・生活綴方

2020年にOPENした、まちの本屋『石堂書店』の姉妹店『本屋・生活綴方

詩歌やエッセイ、社会評論やノンフィクションを中心に品揃えています。

うわー!ここ来てみたかったんですよねー。」とtaroさん、すこし興奮気味。

珍しい選書に興味津々
taro 「これいいなー」

気づくと…読書に夢中(笑) taroさん、本好きとのこと。

taro 「これもいいなー」

独自の選書だけでなく、様々なアートの展示が開催されるので、いつ来ても違った楽しみ方を見つけられる、そんな本屋さんです。

本屋・生活綴方
住所:神奈川県横浜市港北区菊名1丁目7−8
URL:https://tsudurikata.life/

本屋の二階

まちの本屋である石堂書店が運営するコワーキング、シェアオフィス、読書スペース『本屋の二階』。

先ほどご紹介した『本屋・生活綴方』同様、クラウドファンディングを行い、まちの人たちとDIYをしながら作られた場所。

かっこいい!こんな場所があったんですね!プライベートでも利用したいです。」とtaroさん。こちら、1日からの利用(ドロップイン)も可能です。

ここでも読書

そんなtaroさんが選んだ本は、
インドの出版社Tara Booksが手作りする『猫が好き』。

流石taroさん、センス高めです。

ソファ席でゆっくり読書

本屋の二階
住所:神奈川県横浜市港北区菊名1-5-9
URL:https://books-ishidoh.com/honyanonikai/

妙蓮寺

最後に訪れたのは『妙蓮寺』。

梅が咲き始めていました。

妙蓮寺には「仏手柑(ブッシュカン)」という、仏の手のような形の柑橘系果物があるのをご存知でしょうか。

枝分かれしている部分が千手観音の手(指)のような形をしていることから、縁起が良いと言われる果物のひとつなのだとか。

taro「本当に手みたいですね」

仏手柑は妙蓮寺境内のとある場所にあるので、よかったら探しに行ってみて下さい。

妙蓮寺
住所:横浜市港北区菊名2-1-5
URL:https://www.myorenji.jp/

taroのひとこと

妙蓮寺はお隣の白楽とは、また違った雰囲気で面白かったです。

実はあんまりちゃんと回ったことがなかったんですけど…
雰囲気とか匂いが、白楽とはまた違くて、いい感じでした。

気になるお店とかも、いろいろあったので
またゆっくり回りたいと思います。

〈taro プロフィール〉
趣味:散歩。あと時計とお酒も好き。
特技:ギター
好きな食べ物:寿司、蕎麦、天ぷら、湯豆腐
嫌いな食べ物:納豆、ブロッコリー
今興味のあること・もの:お茶とお香
好きな映画:ゴッドファーザー
好きな女性のタイプ:大和撫子
身長:183cm (1cm伸びてました)
eimekuの好きなところ:いっぱいありますが、センスが良いところ。あとモノだったり、人だっり、雰囲気というか空気感とかも好きです。

eimeku Kargo  春とかご
2021.2/18(thu)-3/9(tue) 開催中  @eimeku(白楽)

次回もおたのしみに!