test0601

おばあちゃんの家事付シェアハウス『SHARENEST TOYOKO』純子さんの温もりあふれる手料理

菊名駅から妙蓮寺側に徒歩9分ほどの、閑静な住宅街の中にある『SHARENEST TOYOKO』。

菊名からは徒歩9分(入居者さんがいるので詳細住所は非公開)

階段を登ると、日当たりのいいお庭が広がります。

お伺いすると、玄関でおばあちゃんコンシェルジュの純子さんが、お出迎えして下さいました。

いつも笑顔の純子さん

部屋に入ると、明るい広々としたリビングルームが広がります。

アンティーク&ボタニカルがテーマなんだとか。この日は純子さんが窓際でクッションを干していました。

こちらは、6LDKの邸宅を6人でシェアする形。

お部屋は全部で6つ

おばあちゃんの家事サービス

2013年から始まった「おばあちゃんコンシェルジュ」がいるシェアハウス。 ※おばあちゃんはハウスには住んでいません。週に2回通ってきます。

純子さん:「今日はお天気がいいから、よく乾きます!」

掃除・洗濯・料理・買物などの家事を、入居者の代わりに“おばあちゃんコンシェルジュ”である、純子さんが行ってくれるという、ちょっと変わった、温もりのあるサービスが特徴で、テレビやメディアなどで何度も取り上げられているそう。

「じゅん散歩」で、高田純次さんと
FMヨコハマの「ホズミング」で、穂積さんと

この日の献立は、純子さんが初めて作るという『白菜の青椒肉絲

純子さん:「初めての料理は、いつも上手に作れるかドキドキします!」

週2回の夕飯の献立は入居者さんからのリクエストから決めるのだとか。iPadでレシピを確認して、丁寧に作っていきます。

おばあちゃん(と言っても若いおばあちゃんですが!)が料理をする姿って、どうしてこんなにも温もりが感じられるんでしょうね…

純子さん:「ええっと、まずは肉を、、、」

肉、ピーマン、白菜の茎と別々に炒め、餡に混ぜ仕上げます。

純子さん: 「いつも愛情込めて作っています!」
純子さん: 「あ!ピーマン切っておくの忘れちゃった(笑)!」

完成したのがこちら!

メインは白菜の青椒肉絲

副菜はキャベツのレモンサラダ

そして玉子のスープ

どれも純子さんの愛情がこもった手作りのごはん。

仕事から帰ってきて、この料理が待っていてくれたら、嬉しいですよね~。

純子さんが作った料理はインスタ等で見ることができます。

・Instagram
https://www.instagram.com/grandma_junko/

・Facebook
https://www.facebook.com/SharenestTOYOKO/

おばあちゃんとの交換日記

晩御飯のリクエスト、美味しかった、今日の出来事、などなど

入居者さんとのコミュニケーションは『おばあちゃんノート』と呼ばれる交換日記でやりとりされています。

8年続く「おばあちゃんノート」

コロナ禍では中止を余儀なくされていますが、、、

おばあちゃん料理教室』や、

お酒と純子さんの料理を楽しむ『スナック純子』が開催されるなど、

純子さんと入居者たちのイベントも定期的に開催されているのだとか。

おばあちゃん料理教室
ハウスで開催される「スナック純子」

純子さんも、入居者さんをまるで自分の子供のように思っているので、結婚や転職等で入居者が引越しするときは、抱き合って涙してしまうなんてことも。💧

結婚で退去する入居者さんと、お別れのとき
母の日に入居者からカーネーションをもらい、嬉しそうな純子さん

“おばあちゃん”という存在が居ることで、実家にいるようなリラックスした暮らし方ができるちょっと変わったシェアハウス。

春のお引越しシーズン、転居先のひとつとして検討してみてはいかがでしょうか!?

Instagram
https://www.instagram.com/grandma_junko/

Facebook
https://www.facebook.com/SharenestTOYOKO/

ひつじ不動産 シェアネスト東横 特設ページ
https://www.hituji.jp/comret/info/kanagawa/yokohama/sharenest-toyoko/special/1291