test0601

SALUS 2月号に編集長が登場!!

 

東急沿線マガジン『SALUS(サルース)

 

東急線沿線にお住まいの方なら、

一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。

  

東急㈱さんが発行していて、

発行部数23万部/月という、 お洒落なフリーペーパーです。

 

その『SALUS2月号(1月20日発行)に、

この菊名池古民家放送局の編集長でもあり、

住まいの松栄代表でもある酒井のインタビューが掲載されました。

ありがとうございます ☺

 

 

見開き1ページ分、インタビュー記事が掲載されています。

 

住まいの松栄』のこと。

『街づくり』のこと。

石堂書店のプロジェクト』のこと。

古民家での『もちより食堂』のことなど、

現在行っている活動についてお話させていただきました。

 

是非お手に取ってご覧ください。


住まいの松栄とは~
東横線妙蓮寺にある、不動産建築店。
「営業をしない」というちょっと変わったスタイルで不動産売買や賃貸、建築を取り扱っている。
まちづくり等様々なことを行っており、この菊名池古民家放送局のスポンサーでもあります。
https://syo-ei.com/
もちより食堂とは~
みんなでごはんを食べたり、おしゃべりしたり、ゲームしたり、
皆さんが心地いい時間を過ごしていただいている会です。

過去のもちより食堂の様子はこちら。
https://www.facebook.com/hug.co.ltd/posts/2789246834483686
まちの本屋リノベーションプロジェクトとは~
妙蓮寺「石堂書店」を舞台に、
今の時代に合わせた『新しいまちの本屋』を模索するプロジェクト。
2019年にクラウドファンディングを行い、目標の147%達成、220万円以上の資金を集める。
2020年2月に、仕事と読書の空間「本屋の二階」や、「こいしどう書店」を開業予定。
https://books-ishidoh.com/honyanonikai/